第1158回toto ブンデスリーガ予想 #1~#3

toto第1158回 toto

どうも、ドイツビール特にヴァイツェンが大好きなキックオフ太郎です

予想機関もあと2日程度。
勝敗予想している時間がたまらなく至福の時・・・
ビールを飲む暇がないから悪態をつきながらデータ収集に励む

第1158回toto ブンデスリーガNo.1~No.3のデータ検討をしてみよう
中途半端だがもう考えるの疲れるよ。

#1 レヴァークゼン vs. フランクフルト

ここ最近の流れでいうとレヴァークーゼンは空前の絶好調。
ただ、試合日程的に3/1に試合中止だったフランクフルトのほうが少しだけ有利か。

鎌田氏・長谷部氏が頑張っているからフランクフルトを応援したいのだが
DAZNで視聴していた限りでは正直レヴァークーゼンのサッカーに魅力を感じてしまっている。

レヴァークーゼンの従来のアランギス氏・ベララビ氏・フォラント氏などの強力な攻撃陣に加えて
新戦力の25番パラシオス氏や12番タプソバ氏という強力助っ人外国人も加入しており
今後上位に切り込んできてほしいなと個人的には期待している。

#2 ヘルタ vs. ブレーメン

大迫氏の所属するブレーメン、ここ最近の試合では極端に得点力がなく失点も多い黒星続き
かなりストレスもたまっていることだろう。

対するヘルタは冬からかなりの金額をはたいてアスカシバル氏・ピョンテク氏・クーニャ氏を獲得。
勝ちに対する強い意気込みを感じる。

ただ、ここ最近の両者の対戦成績を見ると直近5試合でヘルタは一度もブレーメンに勝てていないのだ。
相性悪いのかな・・・

Uuuuuummmmmm…どうなっちまうんだよ、戦力的にヘルタの方にかなり分があると思うのだが、
過去に倣って、やっぱし引き分けか??!!

#3 ヴォルフスブルク vs. ライプツィヒ

どちらもここ5試合で引き分けを挟みつつも負けなし。
過去の対戦成績ではライプツィヒがやや勝っているもののほぼ差なし

ただ、大きく異なるのはライプツィヒの得点力。
ブンデスリーガ得点ランキング2位21ゴールを誇るドイツ代表のヴェルナー氏に加え
冬の新規加入のスペイン代表ダニ・オルモ氏など、攻撃力がはんぱねー、といったところだ。

不調だったヴォルフスブルクだがFWヴェフホルスト氏が11得点と次第に復調してきている
圧倒的にライプツィヒというわけではないところをどこまで見せてくれるかに期待。

だけどやっぱしライプツィヒかなーーー!w

はーーーしんどい

コメント

タイトルとURLをコピーしました